« 病状について | トップページ | ボウリング(3/31) »

2007.03.30

プラチナの台に0.15カラットのダイヤモンド

ただし、台座がこ~んな妙な形だったらどうします?

ま、プラチナじゃなければ形そのものはありふれてるのかも知れませんが。



リンク: | バンダイ | プレスリリース.

|

« 病状について | トップページ | ボウリング(3/31) »

コメント

台座のプラチナの原価が推定500万円。

投稿: 柴崎@銀河企画 | 2007.04.01 23:57

それをあの形に加工したら2900万円(25万ドル)ですか。

ちなみに他所のコメントでは「次は金で百式を」ってのが結構ありましたね。
一体いくら相当になるんでしょう(爆)

投稿: コーディ | 2007.04.02 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76740/14461438

この記事へのトラックバック一覧です: プラチナの台に0.15カラットのダイヤモンド:

« 病状について | トップページ | ボウリング(3/31) »