心と体

2008.07.13

いやはや、まいった…

午前中、ドン・キホーテに買い物に行った
途中、目眩がして、
ヤバい、ちょっと休憩しようと思って…


気がついたら救急車に乗ってた

病院に運ばれて、意識がはっきりしてるし
血圧とか、ちょっと調べた範囲では
異常はなかったから
念のため点滴だけして
釈放してくれたけど…

なんなんだろう、一体。
ぶっちゃけ同じようなことが3回目。
前回は一年以上前、
その前は、さらに五年くらい前だけど
前の時は、脳波だ、心電図だ、CTだと
色々調べたけど結局、わからなかったんだよなぁ…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.06.07

退院しました

昼食を食べたあと、退院の手続きをして15時ごろ取り合えず実家に戻ってきました。
ご心配いただいた皆さん、ありがとうございました。

2日ほどゴロゴロしてから日曜に高松に戻る予定です。
ちなみに今回の入院費はおよそ39万円也。カードで払ってきたけど残高確認しておかないと(汗)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.06.06

退院日決定

両親同席で術後の説明等を聞いて、その後、お腹と背中の抜糸をしてもらいました。

退院は明日の午後という事で決めました。

退院後の検査も数ヶ月後の傷が完全に塞がった頃で良いだろうと言うことで一安心です。

さてとボチボチ撤退の準備をしないとな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.05

チェックOK

昨日今日で外来の診察、4箇所受けてきました。
待合室で二時間近く待たされてみたり。
首が辛いんですけど…。

で、先ほど主治医の先生が来られて、予定していた検査項目は全て終了で特に問題なしというお話しをいただきました。後は体調の戻り具合を見ながら、退院の日を相談する事になります。

一つ気がかりな事があると言われて、何かと思ったら、手術後、私の家族に会えていなくて、充分な結果説明ができていない事との事。

早速、家に連絡して、明日か明後日の昼から夕方の時間帯で先生の都合が良い時に。という事で申し入れ中。

問題なければ、その翌日、退院くらいか?

あ、あとお腹の抜糸と背中のホッチキスが残ってるような。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.01

その後とその前と

液漏れは無事止まりました。

が、背中のカテーテルさえ取れれば自由に動けるのにと思ってたけど実際は点滴その他で繋がれてて結局ベッドからは離れられません。

因みに背中のホッチキスの針ですが、看護師さんに聞いてみたところ、傷に沿って4箇所留めてあるそうです。
無造作に留めてあるだけみたいですが、痛みは全くありません。寝返りとかしても全然平気。不思議だ。

実は留めてもらったすぐあと先生に件のホッチキスを触らせてもらったのですが、プラスチック製の小さなモノで、文具のよりもチャチな印象でした。多分、紙などより人間の皮膚の方が柔らかくて針がすぐ通るんでしょう。針は丁度なくなったとかでついていませんでした。(ホントに?)

で、背中のカテを抜いた時、お腹の傷も半分抜糸しました。
お腹の傷は塞がり難いので二回に分けて様子を見るとの事。

昨日今日と熱が出てません。ほぼ36℃台で、一番高くても37.0℃。
このまま万事順調でいけたら良いけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背中の針、抜けました

11時頃、看護師さん2人を連れて先生が来られて抜いて貰いました。

ガーゼをはがして軽く消毒したあと作業開始。
カテーテルを抜きながら先生が

「あ、そうだ。抜いたあと、ホッチキスで2箇所ほどとめるから我慢してね?」

…それは、ひょっとして
「答は聞いてない」
ってヤツですか?

ついでに「ホッチキス」というのは登録商標だから文具としてのアレは「ステープラ」と呼ぶべきでは?

とか考えているうちに、つつがなく抜き取り終了。
神経がすぐ傍を通ってるので、人によっては痛みが走ったりするそうですが、そういう事もありませんでした。

抜いた周囲をもう一度消毒して、

「ほらかなり髄液漏れて来とるじゃろ。じゃあ、留めるよ、我慢して」


バチン、バチン!
…ふう
バチン!

…え?今、3回目?

「うーん、止まらんなぁ。一回抜いて留め直すか。それでダメなら針をかけないかん。」

正直、三回目の音以降、ズキズキして何が行われてるのか良く分からなかったのですが、もう三回、例の音がして

「うーん、まだ少し漏れよるなぁ。これはしばらく圧迫じゃな。」

という事で背中にガーゼの塊を置いて仰向けに寝さされて、今に至ります。
書いている間に一時間くらい経ってますが、どうなってるでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月になって

病室に冷房が入りだしたみたいです。

…でも、寒いうえに、うるさいんですけど。


今日、背中の針が抜いて貰える予定。
時間は未定だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.30

左のガーゼも取れました

右側の時は、一本は鼻から、もう一本は口から抜いたのですが、今回は二本とも鼻から取れました。
鼻からの方が気持ち悪いけど、痛くはないかな。

背中のカテーテルはというとまだそのままで、寧ろ、髄液を溜めるバッグがいっぱいになったとかで新品に交換していきました。
いつまで続ける気だろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.29

熱が下がらない

手術後、37℃台の微熱がずっと続いています。

高い時で37.9℃、落ち着いてる時で37.0℃、そりゃあもう、リミッタがあるかの様に。

頭の高さが変えられないので、氷枕を脇に抱えているんですが、大きくしようと数を増やそうと、あまり変わり無し。

救いは熱は高くとも水分を取ってる限りそれ程しんどくは無いと事か。

薬で制御できてる尿の量よりも、問題はこっちかも。


この文章を書いている途中で検温があって38.0℃。リミッタは無かった様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ?

大事なこと書いてないぞ

昨日の午前中に普通の病室に戻って来ました。
背中のカテーテルはまだそのままですがまぁ順調です。

目下の気がかりは尿の量だけかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧